書籍紹介:「原爆で死んだ米兵秘史」森 重昭著              
伊吹由歌子

広島で米捕虜12名が原爆により命を落とした事実はあまり知られていない。被爆者であるひとりの日本人が地道な調査と関係者との交流により知り得た結果を、このほど一冊の本にした。(光人社 2008年8月11日発行 2,000円)

以下にその概要を紹介する。

著者 森重昭さんは8歳のとき、自宅のある己斐町旭山神社前の小さな橋のうえで被爆した。爆心地から2.5kmほど、子供だった彼は爆風で浅い川中へ吹き飛ばされた。当時夏休みはなく学校へ授業を受けにゆく途中だった。己斐小学校に医師がきて学校は被爆者たちで一杯となり、その夜は阿鼻叫喚の地獄絵であったが翌朝は静かになった。全員が息絶えたのである。校庭で被爆死体を焼くのを目撃した。「広島原爆戦災史(広島市 1971年刊 第一巻~第五巻)」にはその数800とある。子供ごころに森さんには2千は優に超えたように思えて疑問だった。大学卒業ののち山一證券、日本楽器などに勤務の傍ら、40歳をまえに決意して、日曜・祝日に地元一軒ずつをまわる聞き取り調査をはじめた。約1,000人の話を聞き、ついに、死体を正確に数え記録を残した福島住夫氏の資料にゆきついたところ、己斐小では2千300体が荼毘にふされたと判明した。

一方、NHKは1974年から75年を第一回、2000年を第2回として、一般から原爆体験をモチーフとする「原爆の絵」を公募した。森さんは第一回の2千数百枚すべてを丹念に見てメモをとったが、関心ある己斐以外に、まったく別の発見があった。米捕虜に関する絵が20点ほどあったのである。

広島には司令部、武器庫、軍需産業などがあり西日本有数の軍都であったが、捕虜収容所はなく、原爆投下候補の都市として小倉、長崎とならび広島が最終の3つに挙げられる大きな理由であった。しかし、実際には12名の米捕虜がいて被爆死した。1945年7月28日、軍港のあった広島県呉沖で日米最後の海戦が行われた。太平洋戦線で活躍した戦艦「榛名」および「利根」が撃沈され、米側もB24型爆撃機2機(乗員9名のローンサム・レディー号、乗員11名のタロア号)および艦載機20機が撃墜された。パラシュート降下や救命艇で海上に脱出し、日本側に拘留された米兵たちはどうなったのか。

           
             ローンサム・レディー号搭乗員               タロア号搭乗員

調査を重ね、村中啓一、福林徹氏はじめ他の研究者による資料をも綿密にあたり、多数の目撃者の話を聞き、広島にいた捕虜たちの日々を追った森重昭氏のライフ・ワーク集大成というべき本書である。広島で行われた拘留者の訊問記録は原爆によりことごとく破壊された。しかし、訊問した側には生存者もある。森氏は自ら米国の電話帳をてがかりに捕虜犠牲者の遺族数名を探し出し、彼らが愛するものについて全く情報を与えられていないことを知る。12名中、9人の遺族と連絡がとれて平和祈念館へ写真つきで登録することができた。

B-24爆撃機ローンサム・レディー号のカートライト機長は、6人の部下を原爆で失いながら自身は東京で訊問されていて被爆を免れた。戦後、農学博士となったカートライト氏は学会で来日し一度は広島を訪れたものの、知人もなく、逃げるように立ち去った経験がある。村中氏や森さんと数年にわたり手紙で交流し、墜落した乗機の破片を村人たちが送ってくれたりして会いたい気持ちがつのり、1999年に夫人、子息、爆撃機退役軍人会のマット・クロフォード会長とともに広島を訪れた。森さんや村中氏の案内で捕虜たちが被爆した司令部あとに森さんが設置した記念碑など関係の地に立ち、パラシュート降下した乗員たちをとり囲んだ地元民や、拘留された彼らの訊問をした人々と
会った。そこに至る同氏の戦争体験は「
A Date with the Lonesome Lady: A Hiroshima POW ReturnsEarkins Press社 ,Austin, Texas 2002年刊)」にまとめられ、森 重昭訳「爆撃機ローンサム・レディー号:被爆死したアメリカ兵」(NHK出版 2004年)として邦訳されている。

2005年夏、私は広島で森さんのお世話になった。ロンドンの帝国戦争博物館と英国宝くじ協会が第2次大戦60周年を記念して高校生対象のプロジェクト「Their Past, Your Future」を主催、エッセイ・コンテスト優勝7校の生徒たちが欧州、アジアの元戦場へ旅をした。オックスフォード市チェイニー高校からは、24人の学生と教師4名が、博物館員4名、宝くじ協会スタッフ1名同行でタイと日本へ派遣された。一行のアテンドを、英元捕虜ビル・ローズ氏と子息のグラハム&敬子夫妻、ローズ氏がダム建設に使役された天竜村教委に勤めていたトレバー&千寿アンダーソン夫妻らが日本側へ仲介した。POW研究会による東京・横浜でのプログラムの後、私も同行して広島へ行き、一同は森さんの手配と案内で充実した見学のときをすごし、さらに天龍村ホームステイを体験した。広島では平和式典に参列し、各ミュージアムを訪れ、地元高校生と交流し、被爆者として原爆の実態を伝える森さんのお話を聞いた。原爆症による体調不良、癌の恐怖に耐えつつ行動する森さんの誠実さ、平和は個人がまずこころに作り出すものというメッセージが参加者の胸を打った。記念日であるその朝にカートライト氏がよせた核廃絶を願うメールも、森さんは紹介した。

「あとがき」に森さんはこう書く:

被害を受けた当事者である日本でさえ、ほとんどの人が連合軍捕虜の被爆死を知らない。私は自らが被爆した身として、ひっそりと死んでいった捕虜たち、とくに米兵捕虜にかぎらず英兵も蘭兵にもひかりをあて、その無念さを後世に伝えたいと思った。はからずも数奇な運命で生き残ったロンサムレディー号の元機長カートライト氏と知り合い、彼から戦争のむごたらしさと平和のありがたさをとくに強く感じ取ることが出来たため、一層そう思ったのかも知れない。

(写真: 森重昭氏) 


カートライト氏の次の言葉が温かい:

私は原爆で親しい者を失った数少ない米国人の一人です。広島の人たちの痛みは私の痛みでもあります。

長崎原爆では9名の英・蘭捕虜が被爆死し、彼らの氏名・死亡日も4名の写真とともに掲載されている。

新聞記事紹介と森氏のコメント

本稿を準備中の8月17日、Pittsburgh Post-Gazette紙に以下の記事が出た:http://www.post-gazette.com/pg/08230/904953-54.stm

森さんに送ったところ次のコメントをいただき、同氏と関係者への感謝とともにここに掲載する:

原爆で命を落とした米兵への関心をこころから有難く思います。司令部跡の記念碑は1998年に除幕式をしました。銘板に刻む言葉をカートライトさんにお願いしたところ、3日間、寝る間も惜しんで考えてくださり、後世に残るものだからと、当時ミシガン州立大教授・日系のポール・サトー教授と私の3人で英文と和訳を練りました。邦文は現在、展示はしておらずこのウェブサイト上で掲載されるのは大変嬉しいことです。銘板はコンピュータでレイアウトされ、被爆後の司令部跡写真(川本俊雄氏撮影・松重美人氏提供)にB24機クルー2組の写真を配しています。資金調達に私も半年、夜警のアルバイトをしたり、日米関係者にも献金をいただきました。


                         
                          
                                          
「1945年8月6日、原子爆弾が広島に投下され、史上例をみない破壊力で当市とその市民を破滅させた。当日米国空軍ならびに米国海軍の飛行士たちは爆心地近く、この場所にあった中国憲兵隊司令部に捕虜として抑留され、この惨事の犠牲者となった。この銘板は、これら勇敢で尊敬に値する人々の冥福を祈るものとしてここに設置する。このささやかな記念碑をもって、戦争のもたらす悲劇を絶えず我々の心に銘じることを願う。」

設置場所 
広島市中区基町12-8 宝ビル1F裏入口(正面の中央信託銀行をつきぬけた所)

記事に2,3の誤りがあり訂正します。広島には中国憲兵隊本部があり、国立広島平和祈念館の学芸員だった荒谷 茂氏は、2年まえに同館を離れ広島市原爆対策課に移っておられます。現在、祈念館には9名の米犠牲者も含む16,000人の写真が登録されています。ロング伍長は最初のアメリカ人登録者でした。私が遺族探しを始めて16年もたってからやっと、父のロバートに情報をもらった甥の息子、ネイサン・ロング氏が私に連絡をしてきたのです。実は父のロバートさんが9月はじめ、息子を訪ねて日本へ見えるのですよ。